EA ハーバード流こころのマネジメント 予測不能の人生を思い通りに生きる方法 2020年10月14日


一九一二年、ベルギーの画家ルネ・マグリットが『イメージの裏切り』という油彩画を発表して美術界を挑発した。(中略)固定的な分類に満足し、慣れてしまうと、私たちは心理学用語でいう「早計な認知的コミットメント」を用いるようになる。考えやモノ、他人、さらには自分に対してまで、習慣に頼った硬直的な反応を示すようになるのだ。手っ取り早い分類と、そこから導き出される即断は「ヒューリスティックス」と呼ばれる。「経験則」と言ってもいい。(中略)研究者によると、第一印象というのは、対象となる人物の友人や家族の評価と多くの点で一致する。(中略)だが残念ながら、第一印象はまちがうこともある。

精度の低い「ヒューリスティックス(経験則)」を使い続けたまま人生を終える人は驚くほど多い。投資系動画はメンタライジング鍛えるいい教材。その理由は他人の体力(信用力と知識)のあるなしの判断を一瞬ですることは難しいということ(特に普段着ではない津波てんでんこ中に)。(ソシオパス集団による)集団ガスライティングという手法は基本的には体力ないであろう邪魔者(単なる通りすがりの人であっても)排除するために使われます。この理由は仮に有名人など体力あるタイプに仕掛けた場合、潰せず、理不尽押し通せず大事になるからです。問題や大事の原因のは多くは精度の低い「ヒューリスティックス(経験則)」、早計な認知的コミットメントが元。巷でいわれるサイコパシーという話のほとんどは単なる通りすがりの人です(体力のあった通りすがりの人)津波てんでんこ後はてんでんこ前と服装違う人多かったと思います逆に、にわか放射能危険厨というのが多かった時期(にわか以外の人の多くは放射能話を原発事故と同時に封印)。にわかの人のほとんどは体力のない人だったと思います(体力ある人々でも集団ガスライティングが来るのでやめたわけですから)。