CRISPR(クリスパー) 究極の遺伝子編集技術の発見

レイラはロンドンに住む一歳の少女で、小児がんのなかで最も多い急性リンパ芽球性白血病(略)回復の見込みは薄く、医師たちはすでに終末期の緩和ケアを両親に勧めていた。だがいよいよというそのとき、別の選択肢が現れたのだ(略)マウスでしか試されていない治療法を試みるという、大きな賭けとして始まったことは、文句なしの成功に(略)これはほかに治療法がない患者の救済を目的とする、コンパッショネート・ユース(人道的使用)制度のもとで、特例として認められている

※癌治療で一番大事なことは「癌と診断されるほど癌が成長している場合、癌の人には情報を精査するだけの集中力がない」ということ。がん細胞自体が一酸化炭素を出すわけですから酸欠で集中できません。ですから家族や友人に情報の精査をお願いすることです。