BPD(境界性パーソナリティ障害)を生きる七つの物語

BPDの人は、皮肉や自分があざ笑われるようなタイプのユーモアについてはとても敏感(略)BPDの人の怒りは、他の怒りの表現とは対照的に、感情の自然発火と表現できるような、突然で予測ができないものと特徴づけられます。BPDの人は一見、表面上何の理由もなく感情を爆発させるようにみえるかもしれませんが、怒りは常に存在(略)BPDの人は、気分変動、怒りの爆発、自己破壊性を示すのが特徴(略)(PTSD)もまた、BPDと合併していることが多く、それゆえ混乱(略)なんらかの方法でこの動揺から解放されなければ、文字どおりに爆発するだろうと感じているBPDの人もいます。

※BPDというのは「下げまん(ブス)」のこと。集団凝集力(結束力)を得るため余計な敵を作りその敵を価値下げすること。BPDの特徴は身内ヨイショ。BPDというのは隠蔽を謀りミスし、さらに隠蔽を謀ったソシオパスやエンパスのこと。ソシオパスやエンパスをプレデター、もしくはASPと呼ぶ。ソシオパスとエンパスは連む習性があるのでエンパスを見つければ周囲にソシオパスやエンパスも必ず見つかります。