BPD(境界性パーソナリティ障害)を生きる七つの物語

およそ八〜一〇%のBPD患者が自殺(略)BPDの人の行動をあなたが医学的に解釈すると、BPDの人はコントロールされていると見なし、怒るか、またはより防御的になる(略)BPDの人の希望は、まだ起きていないことは将来も決しておこらないだろう、です。しかし、 それを無視していて、もしそれが起きると、想像以上に激しく傷つくか怒りを覚える(略)混沌とした対人関係のゴタゴタが継続することが、BPDの最も際立った特徴(略)BPDの人は傷つくと、自分を傷つけた相手に対する怒りがフツフツとわき上がり、残酷になり、相手への配慮や理解をまったく欠くようになります。

※BPDというのは「下げまん(ブス)」のこと。集団凝集力(結束力)を得るため余計な敵を作りその敵を価値下げすること。BPDの特徴は身内ヨイショ。BPDというのは隠蔽を謀りミスし、さらに隠蔽を謀ったソシオパスやエンパスのこと。ソシオパスやエンパスをプレデター、もしくはASPと呼ぶ。ソシオパスとエンパスは連む習性があるのでエンパスを見つければ周囲にソシオパスやエンパスも必ず見つかります。