BPD―境界性人格障害のアセスメントと治療

BPDへの実践的な治療は「あれか、これか」ではなく、「あれも、これも」といった臨機応変で柔軟な治療的介入を(略)BPDは危機に由来する悲痛な感情を懸命に避けようとしたり押さえ込もうとするが、往々にして継続的に危機のさなかにいる

※BPDというのは「下げまん(ブスは男性にも使う言葉)」のこと。集団凝集力(結束力)を得るため余計な敵を作りその敵を価値下げすること。BPDの特徴は身内ヨイショ。BPDというのは隠蔽を謀りミスし、さらに隠蔽を謀ったソシオパスやエンパスのこと。ソシオパスやエンパスをプレデター、もしくはASPと呼ぶ。ソシオパスとエンパスは連む習性があるのでエンパスを見つければ周囲にソシオパスやエンパスも必ず見つかります。