FBIプロファイラーが教える「危ない人」の見分け方

プレデターを説明するのに「サイコパス」という用語を使えば、ずっと簡単だったかもしれない(たぶんそのほうが本の売り上げも増えるだろうと助言してくれた友人もいた)。だが残念ながら、サイコパスという言葉を乱用する風潮が生まれているようで、見識があれば行為障害やソシオパスという用語を使うはずのところで、また世界保健機関が推奨している反社会性パーソナリティ障害という用語のほうが正確または的確なところで、専門家さえ不用意にサイコパスを使うことがある。医学文献と精神衛生関連の文献は、サイコパス、ソシオパス、反社会性パーソナリティ障害者、行為障害者をはっきり区別している。

※まず単語を覚えることです。