道徳性の起源 ボノボが教えてくれること 2020年10月7日


ボスは何で有名かと言えば、それは地獄の画家としてだ。(中略)ウルガタ聖書は「paradisumvoluptatis(肉欲の楽園)」に言及している。ボスが聖ヒロエニムスの翻訳によるこの聖書を知っていたことは間違いない。自分の名の由来となったこの聖人を深く尊敬していたボスは、彼の絵を二度も描いている(中略)ボスの時代には錬金術が台頭していたものの、オカルトと混ざり合い、山師やペテン師だらけで、ボスはそれを、物事を鵜呑みにする観衆の眼前に、卓越したユーモアをもって描き出した。

※ボス(ボッシュ)というのは下のツイートの絵の画家。ニーチェはボッシュのエッケ・ホモ(真実を語ったことで拷問に遭ったジーザスの絵)を自分と同じ境遇だと書き残した。