逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密

「子ども時代に心に深い傷を負いながら、それを乗りこえてきた人がいないと、社会は成りたたないのか」。 この問いには、イエスと答えざるをえない。リモートミスをくぐり抜けて強くなった人に、どうしても頼らなければならない時と場合がある。フライライクは論外とされてきたことにあえて選択肢として取りあげ、子どもを実験台にしてすさまじい苦痛を味あわせた。なぜ彼がそんなことをしたかというと、自らの子ども時代の経験から、ひとつの確信があったからだろう(略)「一八か一九ゲージの太い注射針を、ひざの下の脛骨に直接差しこみます。麻酔はしません。なぜかって? 麻酔の注射じたいがすでに激痛だからですよ。ヒステリーを起こして泣きさけぶ子どもを、親と看護師が総出で押さえつける。骨髄からガン細胞が完全に消えたとわかるまで、それを毎回繰りかえすんです」

※BBBを突破する抗がん剤、放射性物質に脳のグリア細胞をやられていればケモブレインのように集中できないわけですから、やはり家族や友人に助けを求めるべきです。新型コロナウイルスもBBB突破するそうですからすでに癌治療をされている方は免疫細胞数的に突破された可能性が。キーワードは集中力。精査するために必要な集中力です。