誰も教えてくれない 男の礼儀作法

今も昔も変わることはないが、現代においては「名誉」に対する思いが稀有になっていることは確かである。私は女性であるが、どのような窮地に追い込まれても、名誉だけは失いたくないと思っている