脳のなかの幽霊

漫画家のジェームズ・サーバーは、六歳のとき、兄が投げたおもちゃの矢が右眼に突き刺さるという事故にあい、それ以来、右目が見えなくなった(略)事故から何年かたって、左眼もしだいに衰えはじめ、三十五歳のときに完全に失明(略)ファンに人気の高い『ウォルター・ミッティの秘密の生活』の主人公はミッティ

『ウォルター・ミッティの秘密の生活』が日本で公開された後も多く研究者に取り上げられています。