脳のなかの幽霊

先はまだまだ長い。そのあいだは推論を楽しめばいい(略)誤りを立証するという有益な楽しみをだれもが実行したがるからだ。そして誤りが立証されれば、まちがいに向かう一つの道が閉ざされて、真実にいたる道がしばしば同時に開かれる。