脱洗脳教育論―日本再生のカギはすべてここにある!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

脱洗脳教育論 [ 苫米地英人 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/7/4時点)

日本における仏教(以下、「日本仏教」と呼ぶ)は、伝来当初から、儒教的差別思想をたっぷりと内包していたと言える。だから、日本仏教は差別的な行為を堂々と行っていた(略)支配者層に対しては儒教が、被支配者層に対しては日本仏教が、それぞれふんだんに差別思想を埋め込み、日本の身分制度を支える基礎となっていった(略)儒教には「仁」という考え方がある。儒教の中で中心に置かれる徳目の一つ(略)やくざの仁義は同じ組織の中だけで通用するものであり、他の組織との間には仁義は存在しない。このように、仁とは身内にだけ通用させ、それ以外の人間との関係には適用しないものなのである。実は閉鎖的で、身内さえよければという考えに至るのは必然

※孔子(※儒教)の仁は差別愛。戦国時代に孔子の弟子ら(儒家)と対峙、天下の思想界を二分したのが墨家。