美の20世紀(3) モディリアーニ 2020年10月17日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美の20世紀(3) モディリアーニ
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/10/17時点)


ピカソのパリ時代の最初の恋人、フェルナン・オリビエは、モディリアーニの下宿の様子を著書『ピカソとその友達』にこう記している。(中略)カーテンはなかった。

※モジー(モディリアーニ)は人生の中盤から(ホルモンバランスが)おかしくなっていきます。私はその理由の一つは部屋にカーテンがなっかたことだと思います。高級ホテル(例えば帝國ホテルなど)はボタン一つで一瞬で暗闇になります。スイスホテルはリーズナブルですが手動で完全な暗闇に。私は貧乏なので安ホテルであること多く普段は目張り用テープ持参します。冷蔵庫やテレビ、エアコン稼働中の電気も塞ぐ必要があります。映画「三月のライオン」はいい映画ですが劇場で私が思ったことはファンの若い人は主人公真似し、カーテンなし生活始めるのではないかという危惧でした。健康への投資は大事です。