緊急時サバイバル読本―生き延びる人間と死ぬ人間の科学

サバイバーはごく些細なことにも、豊かさと幸せを見いだす。決して「なんでわたしがこんな目に」 とか、「もうこれ以上耐えられない」などとは言わない。(略)極限状態では、潜んでいた人間性があらわになる。極限状態には、その人がどういう人間であるか、これまでの人生で何を培い蓄えてきたか、これまでの経験、教育、家族、自分のいる世界の捉え方、それらすべてが凝縮されて現れる。