組織の壁を越える――「バウンダリー・スパニング」6つの実践

「文化を変えようとすれば、みずからその身を投げ出し、正々堂々と関わらなければならない。自分の代わりに誰か別の人に飲み食いしてもらうことができないように、他の人に文化の変革を委任することはできない」