知識ゼロからの印象派絵画入門 2020年9月23日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知識ゼロからの印象派絵画入門 [ 大橋巨泉 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/9/23時点)


ボナール(※裕福な官吏の家に生まれる。ボナール自身も法律を学ぶ)は「ナビ派」を脱退してから、マルトという女性と会い、全く別の道を歩くようになるのです。極端に言うと、マルトのヌードと風景画しか画かなくなる。(中略)彼女は神経症を病んでいて1日に何回も入浴します。そんな彼女をモデルに、ボナールは何枚もヌードを画きました。2人の同棲は何と32年も続き、1925年になってようやく結婚します。2人は58歳と56歳になっていました。これだけでも変わっているのに、結婚して解ったことは、彼女の本名はマルトではなく、マリア・ブルーサンだったと言うのです。そんなことを知らされても、ボナールは少しも騒がず結婚し、更に17年も添いとげるのです───大橋巨泉

※本名というのはどうでもいいものなのかも知れませんね。