眠れなくなるほど面白い哲学の話 大人の教養書シリーズ 2020年10月12日


天才とは、熱中する人のことです。才能がある人のことではありません。(中略)熱中とは、「時間がないのにすること」です。

※ヒトは時間のないとき自閉症症状を持つことで知られています。サイコパシー(時間を羅針盤にしている人)の正式名称は自閉症精神病質(命名者はアスペルガー博士)です。ちなみにCIAの作るウィキペディアでは精神病質と簡略化されています。自閉症の6%はサヴァン症候群。要は断り続けた末に長期間、時間を奪われ続けている状態での無私、着手金なし成功報酬での対応時にサヴァン的な能力を発揮する確率が高いという統計の話です。おまけでいいますと期間長く、その体験多ければ多いほどその役柄もその人の人格の一部になってゆくということです。要は映画「墨攻(10万人対ひとり)」のような状態で一人の側はサヴァン的な能力を発揮します。

なぜ? どうして毎度毎度、誰も一人の側を助けないのか? 映画「墨攻」ご覧いただければおわかり頂けると思いますが、この一人の側は最初から助けが来ないことを承知しています。また助けに来た側でもあります。