激変する世界を先読みする

佐藤氏は篤い新教徒(プロテスタント)のキリスト者である。佐藤氏は、本書の中で「創価学会・公明党のような中間団体がいてくれることが、憲法改正(戦争ができる体制に変わること)を食い止める。副島さんの『学問道場』も、この中間団体です」と言ってくれた。私はこの言葉をあるがたく受け止めた。こうやって私も佐藤優の戦略図式の中に組み込まれる。それでも、私が宗教団体もどきを作るときは、「真実暴(あば)き教(きょう)と名乗る」と、20年前から決めている。教義(ドグマではない)は、「この世にあるすべての虚偽を、気づき次第、手加減せずにすべて暴くべきである」のたった一条である。このことを私は弟子たちに言い聞かせている。

副島隆彦氏にはマクロビ(鳩山元総理)から口止め料の献金、寄付があったというような記事がネット上にありますから、ワンピース(悟り)以外での「真実暴(あば)き教(きょう)」なのだと思います。逆にそれ以外の話は信憑性が高いと思っています。ほとんどの作家の方のスタンス同じだと思います。私も同じで全く同感。