毛細血管で細胞力は上がる

細胞を生かすも殺すも毛細血管(略)肝臓の働きを助ける毛細血管(略)毛細血管がせっせと働いて細胞に栄養を送り、不要物を取り除くことで、肝臓の健康を守っている(略)動脈側の毛細血管では、酸素や栄養が溶け込んでいる「血漿」という血液の成分が毛細血管のすき間から外へとしみ出し、細胞のまわりにある液体の「間質液」に混ざり合います。その間質液が細胞の中へとしみ込み入って行くことで、酸素や栄養を細胞に届けています。反対に細胞から発生したゴミ、老廃物、二酸化炭素なども、細胞の壁から外にしみ出し、細胞のまわりにある間質液に溶け込んで、静脈側の毛細血管の中に染み込み、静脈を通して運び出されていきます。このような毛細血管と細胞の間だけで行われている、しみ込む、しみ出すという実にシンプルなやりとりが、私たちの健康を維持する源流になっているのです。

※毛細血管、表皮(皮膚)、血管内皮をクローバー博士一派の古典で理解し、最先端を取り入れてゆく流れ。毛管運動は胸腺、免疫細胞ケアと結果的にセット。そこに成長ホルモンプラス。