東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京が壊滅する日 フクシマと日本の運命 [ 広瀬隆 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2020/7/4時点)

(※アンリ・ベクレル)が、プラスの電気を帯びている未知の光線(アルファ線)が出ていることを発見し、自然界にあるこの放射線を「放射能」と(略)マルティン・クラプロートが、ピッチブレンドという鉱石から抽出した酸化物を “奇妙な半金属” と呼び、一七八九年九月二四日にベルリン科学アカデミーに論文を提出した。彼は、この新元素の名前を、当時発見されたばかりの天王星ウラナス(Uranus)にちなんで、ウラン(Uran)(略)プルトニウムは、自然界には存在しないが、地球上で最大の原子であるウランに中性子を吸収させると新しい巨大原子に成長し、危険な核分裂を起こしやすい原子に変わることが分かっていた。これを、地獄の魔王プルートンに因んで、プルトニウム

※成人する前に、とりあえず広瀬隆氏、副島隆彦氏の著作は全巻読んでおかれた方がいいと思います。