最後のゴーガン

ゴーガンは多くの場合寡黙であった。彼はただ耳を傾けて聴いていた(略)ゴーガンは夜の盛り場へはでかけず、仕事が終わるとアパルトマンへ帰るという静かな日常であった