持丸長者(国家狂乱篇) 日本を動かした怪物たち 2020年10月31日


利権に飢えたのは岩倉具視だが、その曾孫・岩倉靖子は、治安維持法で検挙され、赤化華族事件で裁判にかけられ、収容されていた拘置所から出て間もなく、一九三三年一二月二一日に自らその尊い命を絶った。満州国建国の翌年・・・・・わずか二十歳の生涯であった。

※家柄がよくても酷いことになる可能性もあるのですね。