感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ

レンブラントとスピノザが会ったという証拠はないが、重なっている時期(レンブラントが生きたのは一六〇六〜六九年、スピノザは一六三二年〜七七年)から判断して、会えたことはまちがいない(略)レンブラントがスピノザの肖像画を描いたことがわかればすばらしいのだが、その形跡はない。 言い伝えでは、レンブラントは 『サウルとダヴィデ』の中でスピノザそっくりさんを使っているとされる。 レンブラントはスピノザがシナゴーグから追放されたころ、このサウルとダヴィデを描いた

※レーウェンフック、フェルメール、レンブラント、スピノザが同時代の人。そこに彼らを探求したいという我々のロマンがあるのだと思います。