愛と心理療法 2020年9月15日

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛と心理療法 [ Peck,Morgan Scott. ]
価格:2200円(税込、送料無料) (2020/9/16時点)


私は「招かれる人は多いが、選ばれる人は少ないのだ」というキリストの言葉を、「われわれのすべては、恩寵によって恩寵へと招かれている、しかしほとんどの人がその招きに耳を傾けようとしない」という意味に解釈したい。(中略)恩寵への招きとは昇進、より高い力と責任を伴う地位への招き、だからである。(中略)恩寵への招きは、労の多い気配り、奉仕、必要とあらば犠牲を厭わぬ生活への招きでもある。それは精神的な子どもからおとなへの、人類の親になることへの、招きなのである。(中略)回心あるいは突然の恩寵への招きの経験は、「ああ、嬉しい」、現象と思われがちである。私の経験では、たいていの場合「こん畜生」現象である。(中略)われわれが恩寵に至るのではなく、恩寵がわれわれのほうに来るのである。 恩寵を手に入れようと試みても、それはわれわれをすり抜ける。求めていなくても、それがわれわれを見出す。(中略)恩寵に最も近い者が、彼らの授かった贈りものの不可思議な性格を一番わかっているのである。(中略)恩寵を選びかつ恩寵に選ばれるパラドックスは、セレンディピティ現象の本質である。セレンディピティは「求めもしない貴重な、また嬉しい贈りもの」 と定義される。釈迦は悟りを求めるのを諦め───その訪れにまかせ───て、初めて悟りを開いた。

恩寵というのは集団ガスライティング価値下げ誹謗中傷)のことです。担雪埋井(たんせつまいせい)というのは愛ある行動のこと。愛ある行動をするとジーザスや釈迦に来たように殺し屋集団による集団ガスライティング(価値下げ・誹謗中傷)が始まります。これだけですと愛ある行動(背中で語るだけ十分ですが)を避ける人が増えますので特典の話を付け加えます。担雪埋井(愛ある行動)ができると恩寵(集団ガスライティング・価値下げ・誹謗中傷)が来ます。恩寵はスパイダーマンでいうミステリオの集団です。幻想を作る集団と幻想を理解できるようになるわけですからどの方向にヘッジすればいいのかもわかるようになります。愛ある行動の特典はヘッジできるようになることです。まとめますと特典欲しさに愛ある行動(担雪埋井)を頑張ってもらってもいいわけです。周囲の価値下げ(底値)に気づけるようになると思います。恩寵はしんどくても3回目までやり切ることです。4回目、5回目ではいくらか落ち着いて行動できるようになると思います。1回目に多いのがパニック発作。これは医学的知識で乗り越えるしかありません。トラブルのほとんどは無駄に年だけ重ねた高学歴中年、新人隠蔽工作員らによるものです(原発事故後オーガニック企業が大勢雇った)。私(歩く担雪埋井)は人生の半分近くを恩寵に邪魔され、結果、人生の半分近くを恩寵の解説に割いています。