平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学

集団凝集力として最も大きな力をもっているのが、おそらく集団ナルシシズム(略)この集団ナルシシズムはその最も単純かつ最も心地よいかたちとしては、集団のプライドというかたちで表出される。グループの構成員が自分の所属するグループに誇りをいだくと同様に、グループ自体が自分自身にたいして誇りをいだくようになる。現実に広く見られる集団ナルシシズムのかたちが、「敵をつくる」こと、すなわち「外集団」にたいして憎しみをいだくこと

※ソシオパスやエンパスというのは「下げまん(ブスとは男性も含む)」のこと。集団凝集力(結束力)を得るため余計な敵を作りその敵を価値下げすること。ソシオパスの特徴は身内ヨイショ。ソシオパスやエンパスをプレデター、もしくはASPと呼ぶ。ソシオパスとエンパスは連む習性があるのでエンパスを見つければ周囲にソシオパスやエンパスも必ず見つかります。