巨匠に教わる水彩の技法―画家の目と技でつづる美術史

モデュラシオン(※色彩対比でモチーフボリューム。明暗差で立体感表すと違い色彩でボリューム)(略)パッサージュは「移行、推移」という意味で、セザンヌにおいては物の輪郭から線がずれている(略)形の似たモチーフをグループ化(略)何重にも引かれた線の陰影で、輪郭の微妙な変化(略)(※セザンヌ)の余白はマイナスのタッチ(略)正しい距離を見いだすことだ」、「色彩が充実するとかたちも充実