境界性人格障害(BPD)のすべて

BPDの人たちはつねに自分の演じる「完璧」な「いい役」を求めつづけています。BPDの人々には、外の世界を「悪」と見なし、仲間内では「善」を(略)カルト集団もまた、無条件の受け入れとしっかりした組織構造、加えてアイデンティティの枠組みを与えてくれるため、BPDの人たちにとっては大変魅力的(略)家族の全員がBPDの対人様式に従っていることもめずらしくありません(略)BPDの人たちは、体系化された職場環境や専門家として腕をふるう場面では、すばらしい活躍を見せることもありますが、その裏では強い自己不信、疑念や恐れを抱いています

※BPDというのは「下げまん(ブス)」のこと。集団凝集力(結束力)を得るため余計な敵を作りその敵を価値下げすること。BPDの特徴は身内ヨイショ。BPDというのは隠蔽を謀りミスし、さらに隠蔽を謀ったソシオパスやエンパスのこと。ソシオパスやエンパスをプレデター、もしくはASPと呼ぶ。ソシオパスとエンパスは連む習性があるのでエンパスを見つければ周囲にソシオパスやエンパスも必ず見つかります。