境界性人格障害(BPD)のすべて

役になりきるというのは役者にとって「悟り」を開くこと、言い換えれば直感的な啓示を得ることでもあり、その役を演じている限り、そのアイデンティティをもちつづけることなのだ。