境界性パーソナリティ障害サバイバル・ガイド BPDとともに生きるうえで知っておくべきこと

BPDではうつ病のような気分障害に加えて、不安障害を伴うこともよくあります。パニック障害、社会不安障害、強迫性障害、特異的恐怖症や心的外傷後ストレス障害(PTSD) など、かなり多くの不安障害が(略)何の予告もなく起きるパニック発作は恐ろしいものです。なぜなら予測不可能(略)これらのことが積み重なると、不安と似ているというだけの些細なことが恐怖や覚醒の連鎖反応を引き起こします。そして遂には、パニック発作を抱えてしまう(略)そして残念なことに、パニック発作が一度起きると、パニック発作を起こしそうな状況や場面をさけようとするばかりでなく、次の発作への恐怖を感じるようになります。

※BPDというのは「下げまん(ブスとは男性も含む)」のこと。集団凝集力(結束力)を得るため余計な敵を作りその敵を価値下げすること。BPDの特徴は身内ヨイショ。BPDというのは隠蔽を謀りミスし、さらに隠蔽を謀ったソシオパスやエンパスのこと。ソシオパスやエンパスをプレデター、もしくはASPと呼ぶ。ソシオパスとエンパスは連む習性があるのでエンパスを見つければ周囲にソシオパスやエンパスも必ず見つかります。