嘘の見抜き方 (新潮新書)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嘘の見抜き方 (新潮新書) [ 若狭勝 ]
価格:748円(税込、送料無料) (2020/7/3時点)

国益のためなら「国家の嘘」は許される(略)現行の法律は、重大な国益のためなら「国が嘘をつく」ことを認めている(略)極端な話をすれば、「国の重大な利害」という建前があれば、真相を追求せず、闇に葬ることすら許容しているわけです。情報統制をして情報の一部を公表せず、陰蔽することも許されます。少なくとも現行の法制度上は、そういう解釈が成り立ち得るのです(略)なお国が嘘をつくというのは正確ではありません。刑事訴訟法では「国の重大な利益を害する場合」を判断するのは、各監督官庁、衆議院、参議院、内閣とされています。そうした官庁等を現実に動かすのは政治家や官僚。つまり国のためなら政治家や官僚の嘘は時として許されるのです。

※視野を広げることが最大の健康法です。