危ない精神分析―マインドハッカーたちの詐術

書『フロイトが間違っている理由(略)ハーマンの『父─娘 近親相姦』(略)ジェフリー・マッソンの『真実に関する暴行─フロイトと児童虐待』(略)世界的な父親告発ムーブメント(略)記憶回復療法と総称される精神療法(略)「病名がわかれば、プラスになる」というのは事実とは逆である。病名は、容易にレッテル貼りとなる。そして、クライアントはそのレッテルを通じて自分のことを説明するようになる(略)いったんレッテルを貼り付けて、そのレッテルから自分を理解するようになると、そのレッテルではくくりきれない別の可能性は本人の目からすっかり隠されています。それは、症状を固定化させる役割を果たす。残念ながら、多くのクライアントは、診断名とその症状との関係を自然科学的な厳密性を持った必然的な因果関係であると誤解する(略)思い込んでしまう。それはネガティブな自己暗示となってしまい、最終的には、その人は、自ら貼ったレッテルにふさわしいような病理的な行動を取るようになる(略)精神医学的・心理学的なレッテルを用いて自分のことを説明する人は、そうでない人よりも確実に治療は困難になる。

※こちらの一冊は全ての病名に当てはまりますから、コロナ騒動のためにも一世帯に一冊買われた方がよいと私は思います。バットマンの映画「新ジョーカー」の話。