印象派はこうして世界を征服した

ジョン・シンガー・サージェントは、イギリス支配階級の嗜好に印象主義を効果的に注入した画家だ。彼が用いた筆のタッチは見まごうことなく印象派(略)印象主義のイギリス版ともいえるニュー・イングリッシュ・アート・クラブが設立され、印象派の表面的なテクニックのいくつかと、主題に感傷的な部分を残すという二つの要素がどうにか結び合わされた。そしてもちろんそこには、サージェント

※大阪の難波駅なんばウォークに複製陶板画のジョン・シンガー・サージェントありますからぜひお立ち寄りください。