印象派の人びと―ジュリー・マネの日記

ドガさんに会いにゆく。いつものように薄暗いアトリエで、ひと仕事終えて、昼寝の最中だった。