印象派のすべて (別冊宝島 2200)

(※メアリー・カサットは)恵まれた人脈を生かして、絵の購買層となるアメリカ上流階級の人々に印象派がいかに有益な投資であるかを説いて回った。