医者も知らないアドレナル・ファティーグ―疲労ストレスは撃退できる!

情緒的なストレスがあれば、それがどのようなものであれ、副腎が回復するのは困難である。なぜなら、副腎はそのようなストレスによって生じる生化学的不均衡に対して、特に弱い敏感内分泌腺だから(略)精神状態にも影響を与える。結果として、アドレナル・ファティーグのある人は、恐怖や不安、うつ状態が強まる傾向がある。そして混乱したり、集中できなくなったり、記憶力が冴えなくなったりする。正常な時よりも忍耐力がなくなり、イライラしやすくなる。副腎が適量のホルモンを分泌していないときには、不眠症も(略)アドレナル・ファティーグは、ストレスが原因となって起こる。ストレスには軽症から重度なものまであり、ストレスの種類には、身体的なもの、情緒的なもの、心理的なもの、環境に由来するもの、感染性のもの、あるいはこれらが組み合わさったものがある。ストレス源が何であれ、副腎は「すべての」種類のストレスに反応

副腎のストレスで最大ものは経済的な困窮。社会病質者(ソシオパス)らによる価値下げという初頭効果。この狙いは経済的な困窮を狙ったもの。集団ガスライティング(漫画ではバスターコールと呼ばれる)とは対象の価値を下げることで経済的な困窮→副腎疲労→殺害。という流れ。