写実を生きる 画家・野田弘志 (写実絵画とは何か? シリーズ2)2020年10月28日


レンブラントも単純化を必死でやって、ロダンに言わせると「レンブラントがそこに行きついて偉大になったときに人々は彼を飢え死にさせた」。つまり、売れなくなってしまう。そういうものなんだと思う。単純というのは危険で、全体を壊さずに単純でなければならない。