元FBI捜査官が教える「心を支配する」方法

たとえば運動をすると、脳がエンドルフィンという神経伝達物質を放出する。エンドルフィンが分泌されると、人は幸福感を覚える。だが、本人は運動をした結果エンドルフィンが分泌されていい気分になったという因果関係には気づかず、そのときそばにいた人と幸福感とを結びつけて考える。こうして、いい気分になったのは、そばにいた人のおかげだという「誤帰属」が生じ、偶然にもそばにいた人は魅力的だと思われやすくなる。

※心の土台である精神、精神を司る細胞は細胞なので、相手を大事にする=相手の細胞、精神を司る細胞を大事に。結果、相手の心を大事にすることになります。