他人とどのようにかかわり、人生で遭遇したストレスにどう向かい合ってきたかという体験を通じて徐々にはぐくんできた流儀と、以上のような要素がダイナミックに関連して、その人独自の “スタイル” が生み出されていく───他人を支配したがる人たち (草思社文庫)