人生の科学 「無意識」があなたの一生を決める 2020年10月19日


謙虚さを持った人間は、科学者の手法と農民の手法を併用する。また、他の手法もあればそれを取り入れる。(中略)認識論というのは、「人はどのようにして物事を正しく知ることができるのか」、また、「自分が何を知っているのかを知るにはどうすればよいのか」といったことを探求する学問だ。(中略)ドュマルセは、次のように書いている。「哲学者にとって理性は、キリスト教徒にとっての神の恩寵のようなものである。恩寵がキリスト教徒を動かすように、理性は哲学者を動かす」

恩寵と理性があり恩寵にはセレンディピティがあります(恩寵は何が来るかは全くわかりません)。