人が自分をだます理由

アパラチク 一九三〇年代のソヴィエト連邦では一党によって、かつてないほど一般市民の生活がコントロールされていた。そしてヨシフ・スターリンがその党を強い権力で支配していた。「アパラチク」とは政府または党の機関専従員を指し、政治的な忠誠があまりに中心的な役割を担っていたため、現在ではその言葉が「必ず命令にしたがう組織の忠実な一員」を意味

※アパラチク=ソシオパス