モラル・トライブズ――共存の道徳哲学へ(上)

長い目で見ると、英雄的活動より、粘り強い活動の方が望ましい社会的側面があるかもしれない