モネとセザンヌ (ビジュアル選書)

ル・アーブルの港町を描いたモネの作品《印象、日の出》のタイトルが、嘲笑の言葉となりグループ名の由来となったのも、皮肉な運命であった。