モネとセザンヌ (ビジュアル選書)

(※セザンヌは)「自然を模写してはいけない。自然を解き明かすことだ」といい続け、印象派の様式を超えてものの本質に迫っていく。自然から受ける感動をもとに、形と色の新しい構造を追求。やがて作風はピカソやマティス、ブラックらのキューヴィズム、フォーヴィズムに連なっていくのだ。