モネとセザンヌ (ビジュアル選書)

「絵は見るものではなくて、一緒に生きるものだ。私はもし風景が絵であるなら、そのなかを歩きたくなるような絵が好きだ」ルノワール自身の言葉だ。