モネ―揺れる光 (講談社文庫)

一八七四年、ついに独自の展覧会を開く。だが、この展覧会は若い画家たちに苦い果実をもたらすだけの結果に終わってしまった。悪評粉々。批評家は出品されたモネの作品『印象・日の出』をもじって、このグループを「印象派」と命名した。