モディリア-ニ新装版 夢を守りつづけたボヘミアン 2020年10月17日


「食いすぎは僕にとって唯一の薬なんだ」 彼(※モディリアーニ)は彼女にそういった。彼が自分の病気について話すのはこれがはじめてだった。

※これは寝室にカーテンなかったため満腹感もたらすホルモンレプチン数値低かったのだと思います。ちなみにレプチンのリセットには長期断食が必要になります。長期(2週間以上)の水だけ断食を何度か体験しておくべきです(クリニックなどですることが望ましい)。2011年の大震災時に特にそのように感じました(2011年以前はこうした話の腰折る人が大勢ありました。また現在も話の腰折る人大勢あります)。問題の多くは貴重な時間割いているにもかかわらず自分の影響力保持のために話の腰折る人があるということです(話の腰折ったら、お任せです。時間は有限で貴重)。災害起こってからでは遅いのは相場も同じと思います。ソシオパスというのは話の腰折る人。未然に伝える人はサイコパシーと呼ばれます。サイコパシーが冷たい、冷酷だといわれていることを真に受ける人々はそれ以前を知らない人々(話の腰折られたら、そこから先は完全にお任せです。時間は有限で貴重)。お任せのやり取りは喧嘩にならないので周囲は気づきません。周囲が気づくタイミングはかなり先になります。なぜ手伝わないのか?の問いにはお任せのやり取りを解説します。なぜ喧嘩になってでもソシオパスの明らかな間違いをその場で指摘し続けないのか? そもそもソシオパス集団というのは与党、野党よりひとつ上の政治の話で規模が大きい。法が及ばない国の上にある民間の隠蔽グループのこと。私は被爆三世の(おそらく)最年長なので日本人のほとんどが被爆一世になった2011年以前、2010年までの(こうした)流れを記憶。被曝一世、二世が今後なにに困るのかを私は知っています(2011年3月の私のイメージ)。ちなみ私は被曝三世ですが生まれつき軽度サヴァンです(サヴァンの能力を自分の健康に投入し続けてきた)。そのため被曝二世である両親、原爆の被曝一世である私の祖母もまだ生きています。私の両親は病気になったことはありません。私が昔組み立てた健康法を実践させています。