ミレーの生涯 (角川ソフィア文庫)

「もしお前さえよければ、私はもうこの手の絵(※裸の女)は描くまいと思う。生活はもっと苦しくなるだろうし、お前も大変だろう。けれども、そうすれば私は、これからずっと、自由に、心に思うものだけを描けるのだ」(略)ミレー夫人はこう答える。「覚悟はできています。お考え通りなさいませ」