ミレーの生涯 2020年10月28日


ミレーはその時代の先端的なエコロジー思想を持っていた。一八五三年には、フォンテーヌブローの森を針葉樹林化して開発する事業に反対し、ルソーとともに立ち上がり、ナポレオン三世の皇后ウジェニーに直訴状を送る。その結果、一帯を美観区域に指定させて森を守ったという実績を持っているのだ。この功あって一八八四年、二人の画家の記念碑が森の入り口に立てられた。(中略)ミレーが 《種をまく人》に語らせたかったことは?(中略)もしも現代にミレーがいたら、きっと故郷の近くの断崖にそびえる原発と再処理工場に反対しただろう。

※私もミレーがいたら原発と再処理工場に反対しただろうと思う。そうであるからゴッホやピサロ、セガンティーニはミレー学校(架空の学校)の生徒に。またコロー(ちょいワル)もそうであったからミレー夫妻を援助し続け、未亡人になったミレー夫人助け続けた(大金を援助)。結局はピサロの弟子であるゴーギャンにしても方向性はそうなのだと私は思いたい。