ミルトン・エリクソンの催眠テクニックI: 【言語パターン篇】

先ごろハクスリーの逝去を機に、わたしは自分のノートから抜き出したこのわずかなページを精読した。そして、それらをよく調べ、あの日のワークのほんの一部ではあるが、情報の詰まったこの部分を読者に紹介できるのではないかと考えたのである。