ミトコンドリアを活性化するとがん細胞は自滅する

がん細胞は鉄を多く取り込んでいるので、その鉄と反応してフリーラジカルを産生してがん細胞を死滅させるという作用機序が提唱されています。つまり鉄介在性の細胞死(中略)アルテスネイト(※抗マラリア薬)は、正常細胞を傷つけずにがん細胞に選択的に障害を与える(中略)がん細胞の酸化ストレスを高めるアルテスネイト

※イレギュラーな治療も標準治療も酸化ストレスを利用するのは同じ。酸化ストレスを高めるものの組み合わせと抗酸化の組み合わせ。標準治療で違うのは直接切り取る部分。抗がん剤も放射線も酸化ストレスによる治療。ベースのイレギュラー(酸化ストレスと抗酸化)プラス抗マラリア薬や漢方になると思います。イレギュラーな治療も標準治療もどちらにせよ医薬品の取り寄せは必要になるので民間療法とは異なります。民間療法というのはイレギュラーな治療の中の一部分でメインではありません。